ハクメイとミコチ 9巻

ハクメイとミコチ 9巻

出版社: KADOKAWA
著者: 樫木 祐人
  • 抱えきれない、おっきな幸せ。
  • たとえば里芋を食べる時、それが自分と同じ大きさだとしたら?
    たとえばニンジンを切る時、剣のような包丁を振りかぶるとしたら?
    身長9センチメートルのハクメイとミコチ、ふたりの生きる世界では「大きい」と「小さい」の基準が私たちの世界とまったく違うのです……!
    育てた野菜がまるまると大きくなってしまう「カボチャとやぐら」、タヌキやアナグマたちと食卓を囲む「大きな集会」、鳥に運ばれて空を飛ぶ「臆病者とズキンガラス」など、最新9巻は「小さなひと」が「大きなもの」を味わうエピソードが楽しめる! さらにふたりの出会いを描いた一篇「出会いと草刈り」も収録。ミコチがまだひとりで暮らしていた頃に突然訪れた“その日”の思い出が、ついに語られます。
  • 身長9センチメートルのハクメイとミコチ。第9巻では、まるまるとしたカボチャを育てたり、タヌキやアナグマの食事会に招かれたり、小さな身体で大きなものを味わうエピソードを多数収録しました!

人気の漫画

クレジット表示/商標について
サイトについて