文庫 稀代の本屋 蔦屋重三郎

文庫 稀代の本屋 蔦屋重三郎

出版社: 草思社
著者: 増田 晶文
  • 山東京伝や恋川春町らで世を沸かせ、歌麿を磨きあげ写楽を産み落とした江戸随一の出版人・蔦屋重三郎(蔦重)。
    出版者であり編集者であり流通業者であると同時に、流行を仕掛け情報を発信する辣腕メディアプロデューサーでもある。
    そして何より、新しい才能を見出し育てあげて世に出し、江戸の日本の文化を変えた巨大な創造者でもあった。
    時に為政者の弾圧にあいつつ「世をひっくり返す」作品を問いつづけた稀代の男の波乱の生涯を、江戸の粋と穿ちが息づく文体で描き切った渾身の時代小説!
    蔦屋重三郎(つたや・じゅうざぶろう)=蔦重(つたじゅう)
    寛延三年〜寛政九年(1750-1797)
    江戸の名物本屋。話題作を連発する一方、才能発掘や価値創造にも卓越した冴えをみせた。
    喜多川歌麿(きたがわ・うたまろ/うたまる)
    宝暦三年〜文化三年(1753-1806)
    天才的浮世絵師。重三郎との出逢いで美人画に開眼、抜群の才を誇った。春画でも卓越。
    山東京伝(さんとう・きょうでん)
    宝暦十一年〜文化十三年(1761-1816)
    江戸を代表する戯作者。絵師として出発し流行作家となる。長きにわたり絶大な人気を得た。
    恋川春町(こいかわ・はるまち)
    延享元年〜寛政元年(1744-1789)
    黄表紙なる江戸文芸の新分野を拓く。文ばかりか絵も洒脱で滑稽味に溢れる多彩多芸の人。
    朋誠堂喜三二(ほうせいどう・きさんじ)
    享保二十年〜文化十年(1735-1813)
    人気戯作者。黄表紙を中心に作品多数。表の顔は武士で、出羽国久保田藩の江戸留守居役。
    北尾重政(きたお・しげまさ)
    元文四年〜文政三年(1739-1820)
    浮世絵師。親分肌で京伝や政美を育てただけでなく歌麿、鳥居清長にも強い影響を与えた。
    大田南畝(おおた・なんぽ)
    寛延二年〜文政六年(1749-1823)
    狂歌壇の領袖。早熟の文人で天明期に圧倒的な存在感を示した。蜀山人、四方赤良は別名。
    葛飾北斎(かつしか・ほくさい)=勝川春朗(かつかわ・しゅんろう)/北斎宗理(ほくさい・そうり)
    宝暦十年〜嘉永二年(1760-1849)
    浮世絵師。駆け出し時代に蔦重の知遇を得る。後に偉才を存分に発揮、絵師として大成する。
    曲亭馬琴(きょくてい・ばきん)=滝沢瑣吉(たきざわ・さきち)
    明和四年〜嘉永元年(1767-1848)
    読本作家。京伝の紹介で蔦屋に寄宿。寛政期から著作に専念、読本で随一の物書きとなる。
    十返舎一九(じっぺんしゃ・いっく)=重田幾五郎(しげた・いくごろう)
    明和二年〜天保二年(1765-1831)
    戯作者。瑣吉と入れ替わるようにして蔦屋へ。『東海道中膝栗毛』の大成功は享和期のこと。
  • 序章  画帖 
    第一章 吉原 
    第二章 細見 
    第三章 耕書堂 
    第四章 狂歌連 
    第五章 満帆 
    第六章 春町 
    第七章 歌麿 
    第八章 しやらくせえ 
    第九章 魔道 
    終章  蜉蝣

人気の小説/文芸

クレジット表示/商標について
サイトについて