日本人のための英仏独三国志

日本人のための英仏独三国志

出版社: さくら舎
著者: 八幡和郎
  • ヨーロッパの歴史は長く、深い。歴史と地政学に翻弄されてきた英仏独三国の激動史と思考が、豊富なエピソードとともに見えてくる!
  • 英仏独の絡み合いから世界と日本がわかる!
    産業革命や政治制度、民主主義思想は英仏独から生まれた。日本人は明治期から英仏独に習って国をつくってきた。英仏独はやはり世界の主役の三国である。本書はその三国の歴史がどうからみ合って展開してきたかを、『三国志』のごとく描くもの。
    有史以前のケルト人の拡散から、フランク王国の成立、十字軍、英仏百年戦争、神聖ローマ帝国とハプスブルク家、宗教改革、ドイツ三十年戦争、フランス革命とナポレオン戦争の激震、二度の世界大戦から現代へ、という大きな流れを、三国並行で、国王や王妃、英雄、愛人、革命家などの人物をからめながら語っていく。
    意外なエピソード、オペラや文学作品、観光名所などの蘊蓄も入っているので、面白く読める。島国の日本人には国境を接する国家の思考はわかりにくい。英仏独の歴史のからみ合いをひもとけば、現代の世界情勢が見えてくる! 英独仏の歴史地図・年表・系図入り!
  • プロローグ ヨーロッパは深い森の中から生まれた
    第1章 フランク王国成立とイングランド統一
    第2章 十字軍と英仏百年戦争
    第3章 ハプスブルク帝国全盛と宗教改革
    第4章 ドイツ三十年戦争と絶対王政
    第5章 フランス革命とナポレオンの激震
    エピローグ 世界大戦とEU統合、そしてブレグジット

人気の社会/思想/経済書籍

クレジット表示/商標について
サイトについて