女帝 小池百合子

女帝 小池百合子

出版社: 文藝春秋
著者: 石井 妙子
  • 稀代の女性政治家か、我々が生んだ虚像か。「芦屋令嬢」育ち、謎多きカイロ時代。キャスターから権力の道へ。数奇な半生がここに。
  • コロナに脅かされる首都・東京の命運を担う政治家・小池百合子。女性初の都知事であり、次の総理候補との呼び声も高い。しかし、われわれは、彼女のことをどれだけ知っているのだろうか。「芦屋令嬢」育ち、謎多きカイロ時代、キャスターから政治の道へーー常に「風」を巻き起こしながら、権力の頂点を目指す彼女。今まで明かされることのなかったその数奇な半生を、三年半の歳月を費やした綿密な取材のもと描き切る。〔目次より〕序章 平成の華第一章 「芦屋令嬢」第二章 カイロ大学への留学第三章 虚飾の階段第四章 政界のチアリーダー第五章 大臣の椅子第六章 復讐第七章 イカロスの翼終章 小池百合子という深淵

人気の社会/思想/経済書籍

クレジット表示/商標について
サイトについて