「教える」ということ 日本を救う、[尖った人]を増やすには

「教える」ということ 日本を救う、[尖った人]を増やすには

出版社: KADOKAWA
著者: 出口 治明
  • 私たちが遺すべきもの、次世代が学ぶべきこと
  • 先がまったく読めない時代に必要な「社会を生き抜くための武器」とは何か。
    日本を救う「尖った人」を増やすには、どうしたらいいか。
    我々は何を、どのように後輩たちに継承するべきか。
    これは、あらゆる立場の人にとって難問といっていいでしょう。
    親として、教師として、上司として……この「先輩としての責任」を
    難なく果たせている人はそう多くありません。
    大学二回生で恩師から「わかること」「教えること」の本質を提示されたときから、
    会社員として、ベンチャー企業の創業者として、そして大学の学長という立場から
    考え続け、実践してきた著者の結論とは?
    「教える」「教育」を切り口にして、日本の最重要課題に切り込む。
    【特別対談も収録】
    「教える」ということの本質と課題を多角的に考察する、
    各界専門家との特別対談も必読です。
     ・久野信之先生(立命館慶祥中学校・高等学校校長)
     ・岡ノ谷一夫先生(東京大学教授「生物心理学」)
     ・松岡亮二先生(早稲田大学准教授「教育社会学」)
    【本書の構成】
    第1章 後輩たちに「社会を生き抜く武器」を与える
      特別対談 久野信之×出口治明
    第2章 根拠にもとづいて話す。選択肢を与える
      特別対談 岡ノ谷一夫×出口治明
    第3章 「尖った人」を生み出すための高等教育
      特別対談 松岡亮二×出口治明
    第4章 正しい「人間洞察」を前提にした社会人教育
  • 日本を救う「尖った人」を増やすには、どうしたらいいか。我々は何を、いつ、どのように後輩に継承するべきか。「教える」「教育」を切り口にして、日本の最重要課題に切り込む
  • 第1章 後輩たちに「社会を生き抜く武器」を与える
    「自分の頭で考える力」と「社会を生き抜く武器」を与える
    「国家」「選挙」「税金」……についてきちんと教えることができるか
    「政治とは、税金の使い道を決めること」とシンプルに説明できますか?
     ヨーロッパの子どもたちが教わっている「原理原則」とは
     お金を上手に使えなければ社会で生きていけない
     フェイクニュースにだまされないように情報の真偽を確かめるクセをつけよう
     子育てに時間がかかる理由のひとつは、人間が頭が大きく二足歩行をする動物だから
     母親に子育てを任せるのではなく、「集団で育てる」のが教育の基本
    特別対談 久野信之×出口治明
    第2章 根拠にもとづいて話す。選択肢を与える
     興味のないことはすぐに忘れるが、興味のあることは忘れない
     精神論に終始せず、科学的根拠にもとづいた教育をする
    「タテ・ヨコ・算数」で教え、考えさせる
     教える相手に「伝わりやすくなる」話し方
     教えるから覚えられる。インプットとアウトプットはセット
    特別対談 岡ノ谷一夫×出口治明
    第3章 「尖った人」を生み出すための高等教育
     日本の高等教育の問題は、教育費にお金をかけられないこと
     大学は衰退産業ではなく、超有望な成長産業である
     新しい産業を創る人を育てないと日本経済は低迷したまま
     自分の好きなことを徹底的に究めた「変態」を育てる
     日本の低迷を救う3つのキーワード「女性」「ダイバーシティ」「高学歴」
     人間は怠け者だから、勉強せざるを得ない環境に身を置く
     考える力を養うには、ピア・ラーニングが最適
    特別対談 松岡亮二×出口治明
    第4章 正しい「人間洞察」を前提にした社会人教育
     社会人に仕事を教えるときは「マニュアル化」に尽きる
     誰が作業をしても「最低60点」は取れるようにする
     マニュアル作成の「4つ」のポイント
     部下とのコミュニケーションは「就業時間内」に行うのが基本
     定期的な「1 ON 1ミーティング」で組織内の地図をつくる
     新しいアウトプットを生み出すには「人・本・旅」によるインプットが不可欠
    「上司のいうことを聞かない部下がいる」のは健全な証拠

人気の社会/思想/経済書籍

クレジット表示/商標について
サイトについて