半沢直樹 アルルカンと道化師

半沢直樹 アルルカンと道化師

出版社: 講談社
著者: 池井戸 潤
  • 「半沢直樹」シリーズ6年ぶりとなる待望の最新作! 謎を解くカギは、絵画「アルルカンとピエロ」の中にある――。
  • ★★★「半沢直樹」シリーズ6年ぶりとなる待望の最新作!★★★
    2020年9月17日発売予定
    ***
    東京中央銀行大阪西支店の融資課長・半沢直樹のもとにとある案件が持ち込まれる。大手IT企業ジャッカルが、業績低迷中の美術系出版社・仙波工藝社を買収したいというのだ。大阪営業本部による強引な買収工作に抵抗する半沢だったが、やがて背後にひそむ秘密の存在に気づく。有名な絵に隠された「謎」を解いたとき、半沢がたどりついた驚愕の真実とは――。
    ***
    半沢直樹が絵画に秘められた謎を解く――。江戸川乱歩賞作家・池井戸潤の真骨頂ミステリー!
    「やられたら、倍返しだ」。
    明かされる真実に胸が熱くなる、シリーズの原点。
    大ヒットドラマ「半沢直樹」シリーズ待望の最新刊、ついに登場!

人気の書籍

クレジット表示/商標について
サイトについて