頭のいい子の親がやっている「見守る」子育て

頭のいい子の親がやっている「見守る」子育て

出版社: KADOKAWA
著者: 小川 大介
  • 親が頑張りすぎないほうが、子どもは伸びる!
  • 中学受験のプロとして活躍し、教科指導スキルに
    コーチング技術や心理療法的なアプローチをとりいれた指導方法で
    灘や東大寺、開成、筑駒、麻布など最難関中学に
    教え子を多数合格させてきた著者が語る、「本当に頭がいい子の育ち方」。
    著者の小川大介氏は、自身が代表をつとめる個別指導塾で
    5000組を超える家庭と面談をしてきました。
    その中で気づいたのは、いわゆる「教育によさそうなもの」を多数与えられ、
    手とり足とり面倒を見てもらってきた子どもは受験直前に伸び悩んでしまうことが多い一方、
    親に見守られて好きなことにとことん熱中した経験のある子どもは、
    最後の最後で踏ん張りをきかせてぐんぐん成績を伸ばしていくこと。
    中学受験の現場での経験、ひとりの父親としての経験から、著者は
    「親は子どものことをもっと信じていい」と断言します。
    自らの好奇心を親に認められ、見守られて育った子どもは、
    親が追いたてて「勉強」させずとも、
    自ら学び、成長する子に育つのです。
    本書では著者の実体験と
    コーチング・心理学の知見を踏まえ、
    「のびのびと育てられているのに、頭のいい子」
    が育つ、子育て法を紹介します。
    ◎子育ては「2勝8敗」で十分
    ◎好奇心のない子はいない
    ◎「当たり前のこと」を褒める
    ◎アドバイスは子どもが求めてから渡す
    ◎親が楽しそうな家はうまくいく
    ◎遊び方を観察すると、子どもの「天才」が見える
    ◎ボーっとしている時間に子どもはかしこくなる
    ◎お父さん・お母さんの日常は「イベント」の宝庫
    ◎「教科書ベースの勉強」でも心配はいらない
    ◎本人が活躍できるのが「いい学校」
  • 「のびのびと育てられているのに、頭もいい子」の親はどんなふうに子育てしているの? 中学受験のプロが5000組の親子と面談してわかった、頭のいい子の幼児期・低学年期の育ち方を解説します。
  • はじめに 日本の親たちは、わが子をもっと信じていい
    第1章 頭のいい子の親は子育てで何を重視するのか
    第2章 頭のいい子の親は「否定しない」
    第3章 頭のいい子の親は「与えすぎない」
    第4章 頭のいい子の親は「あせらない」
    第5章 パパ・ママのお悩みQ&A

人気の書籍

クレジット表示/商標について
サイトについて