進撃の巨人(32)

進撃の巨人(32)

出版社: 講談社
著者: 諫山 創
  • 島外人類の根絶を決意したエレンは巨人の大群と共に行進を開始。一方、ミカサやアルミン達はエレンを止めるため動き始めた。
  • 巨人がすべてを支配する世界。巨人の餌と化した人類は、巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた。だが、名ばかりの平和は壁を越える大巨人の出現により崩れ、絶望の闘いが始まってしまう。
    「始祖の巨人」の力を掌握したエレンは生まれ育ったパラディ島の平和のため、島外の人類を根絶やしにすることを決意する。そして行進を開始したエレンと巨人の大群。彼らは救世主なのか悪魔なのか。結論は出ないまま、ミカサやアルミン達は世界を助けるために動き始めた……。
  • 終末の夜
    裏切り者
    懐古
    人類の夜明け

人気の漫画

クレジット表示/商標について
サイトについて