クスノキの番人

クスノキの番人

出版社: 実業之日本社
著者: 東野 圭吾
  • その木に祈れば、願いが叶うと言われているクスノキ。
    その番人を任された青年と、クスノキのもとへ祈念に訪れる人々の織りなす物語。
    不当な理由で職場を解雇され、その腹いせに罪を犯し逮捕されてしまった玲斗。
     同情を買おうと取調官に訴えるが、その甲斐もなく送検、起訴を待つ身となってしまった。そこへ突然弁護士が現れる。依頼人の命令を聞くなら釈放してくれるというのだ。
    依頼人に心当たりはないが、このままでは間違いなく刑務所だ。そこで賭けに出た玲斗は従うことに。
     依頼人の待つ場所へ向かうと、年配の女性が待っていた。千舟と名乗るその女性は驚くことに伯母でもあるというのだ。あまり褒められた生き方をせず、将来の展望もないと言う玲斗に彼女が命令をする。「あなたにしてもらいたいこと||それはクスノキの番人です」と。
     『秘密』『時生』『ナミヤ雑貨店の奇蹟』に続く新たなエンターテインメント作品。長編書き下ろし。

人気の小説/文芸

クレジット表示/商標について
サイトについて