甲の薬は乙の毒 薬剤師・毒島花織の名推理

甲の薬は乙の毒 薬剤師・毒島花織の名推理

出版社: 宝島社
著者: 塔山 郁
  • ホテルマンの爽太は、薬剤師の毒島(ぶすじま)さんに思いを寄せている。
    彼女は卓越した薬の知識を持ち、薬にまつわる不思議な出来事をいつも即座に解決してくれる。
    きちんと管理しているはずの認知症の薬が、一種類だけなくなってしまうのはなぜ。
    筋トレに目覚めた友達が抱える悩みとは。
    いつものように毒島さんに薬の相談をする爽太だったが、ある出来事がきっかけで、
    彼女は「今まで自分は薬の知識をひけらかしていたのではないか」と悩むように。
    心配する爽太だったが、さらに、偶然出会った小説家志望の男・影山から
    「毒島さんに交際を申し込もうと思っている」と言われ……
    生活に役立つ薬と健康の知識も満載の薬剤師ミステリー第2弾!
    『このミステリーがすごい! 』大賞シリーズ。

人気の小説/文芸

クレジット表示/商標について
サイトについて