流人道中記(上)

流人道中記(上)

出版社: 中央公論新社
著者: 浅田 次郎
  • 姦通の罪を犯すも切腹を拒んだ旗本青山玄蕃。押送人石川乙次郎は流罪となった玄蕃と奥州街道を蝦夷へと歩む。この男、仏か、罪人か。
  • 読売新聞連載で感動の声、続出。
    累計100万部突破「笑い」の『一路』に続く、「涙」の道中物語。
    万延元年(1860年)。姦通の罪を犯したという旗本・青山玄蕃に、奉行所は青山家の所領安堵と引き替えに切腹を言い渡す。
    だがこの男の答えは一つ。
    「痛えからいやだ」。
    玄蕃には蝦夷松前藩への流罪判決が下り、押送人に選ばれた一九歳の見習与力・石川乙次郎とともに、奥州街道を北へと歩む。
    口も態度も悪いろくでなしの玄蕃だが、道中で行き会う抜き差しならぬ事情を抱えた人々は、その優しさに満ちた機転に救われてゆく。
    この男、一体何者なのか。そして男が犯した本当の罪とは?

人気の小説/文芸

クレジット表示/商標について
サイトについて