セイレーンの懺悔

セイレーンの懺悔

出版社: 小学館
著者: 中山 七里
  • マスコミは人の不幸を娯楽にする怪物なのか
    葛飾区で女子高生誘拐事件が発生し、不祥事により番組存続の危機にさらされた帝都テレビ「アフタヌーンJAPAN」の里谷太一と朝倉多香美は、起死回生のスクープを狙って奔走する。
    しかし、多香美が廃工場で目撃したのは、暴行を受け、無惨にも顔を焼かれた被害者・東良綾香の遺体だった。綾香が”いじめられていた”という証言から浮かび上がる、少年少女のグループ。主犯格と思われる少女は、6年前の小学生連続レイプ事件の犠牲者だった……。
    マスコミは、被害者の哀しみを娯楽にし、不幸を拡大再生産する怪物なのか。
    多香美が辿り着く、警察が公表できない、法律が裁けない真実とは――
    「報道」のタブーに切り込む、怒濤のノンストップ・ミステリ。
    【編集担当からのおすすめ情報】
    解説は、ジャーナリストの池上彰さん。
  • 女子高生誘拐事件が発生し、スクープを狙う帝都テレビの里谷と朝倉は廃工場で被害者・東良綾香の無惨な遺体を目撃する。綾香を”いじめていた”という少年少女グループが浮上し…。報道のタブーに切り込むミステリ。

人気の小説/文芸

クレジット表示/商標について
サイトについて