帰去来 太宰治私小説集

帰去来 太宰治私小説集

出版社: 小学館
著者: 太宰 治
  • 旧家に生まれた“暗い宿命”を描く私小説集
    名作「富嶽百景」を含む、太宰の私小説で構成したアンソロジー集。
    明治42(1909)年6月、太宰治こと津島修治は青森県北津軽郡に誕生、のちに遠く東京にあって望郷の念を募らせていた。
    津軽での幼・少年期を“遺書”のつもりで書き綴った処女作「思い出」で文壇デビューを果たし、その後、兄との不和から十年ぶりとなった帰郷を描いた「帰去来」や、母危篤の報を受けての帰郷を描く「故郷」、そして、時局差し迫る中での津軽旅行をまとめた「津軽」と、旧家に生まれた者の暗い宿命を描いている。
    解説を同じ東北出身の作家・佐伯一麦氏が特別寄稿。
  • 「富嶽百景」を含む私小説で構成したアンソロジー集。津軽での幼・少年期を綴った「思い出」でデビュー後、帰郷を描いた「帰去来」、「故郷」、津軽旅行をまとめた「津軽」と、旧家に生まれた者の暗い宿命を描く。

人気の小説/文芸

クレジット表示/商標について
サイトについて